キャスト&スタッフ

キャスト

カウン・ミャッ・トゥ
  • カウン・ミャッ・トゥ
  • カウン・ミャッ・トゥ

    as 兄・カウン


    2007年8月1日生まれ、 日本・東京都豊島区出身。生後八ヶ月から日本の保育園に通いはじめ、普通の日本人のように日本語を覚えた。現在、小学校5年生。母・ケインと同じく映画初出演。出演の動機は「映画のことはよくわからないけど、楽しそうだと思ったから。たとえ一人だったとしても、出てみたいと思った」。特技は音ゲー(音楽ゲームの略)。

ケイン・ミャッ・トゥ
  • ケイン・ミャッ・トゥ
  • ケイン・ミャッ・トゥ

    as 母・ケイン


    1975年10月16日生まれ、 ミャンマー・ヤンゴン出身。ミャンマーの農林水産省で事務・パソコンの仕事に従事。大学卒業後すぐに「パソコンを勉強しながら、自分で生活したい」と思い来日。結婚しカウン、テッを出産。「僕の帰る場所」で映画に初出演。出演の動機は「息子のカウンが出演したがったので、一緒にいた方がよいと思ったから。それに、映画のテーマに共感したから。他のミャンマーの人たちのためにも、在日ミャンマー人として出演したほうがいいと思って」。趣味は絵画を描くこと。現在、普段は東京でミャンマー雑貨店店主をしている。

アイセ
  • アイセ
  • アイセ

    as 父・アイセ


    1976年11月12日生まれ、ミャンマー・カチン州生まれ。97年、建築などの専門的な職を勉強する目的で来日。だが、目的を遂げることは難しく、辞書やテレビで日本語を学習しながら、豆腐の工場、建築現場、鉄工所、居酒屋などに勤務。 11年、ミャンマーに戻る。現在は宝石の採掘、建築の現場監督をしている。出演の動機は「日本の生活で、映画の家族と似た気持ちになったことがあって、共感したから。自分のまわりに映画と同じように、在留のための申請に落ちたり、思うようにいかない人たちが多いので、出演する意味があると思ったから」。特技はスポーツ。趣味は写真撮影。

テッ・ミャッ・ナイン
  • テッ・ミャッ・ナイン
  • テッ・ミャッ・ナイン

    as 弟・テッくん


    2011年1月1 日生まれ、日本・東京都豊島区出身。1歳から、日本の保育園に通い、普通の日本人のように日本語を覚えた。現在、小学校2年生。母・ケイン、兄・カウンとともに映画初出演。出演の動機は「お兄ちゃんと一緒だったから」。特技はダンス。

來河侑希
  • 來河侑希
  • 來河侑希

    as ユウキ


    1984年3月9日生まれ、福岡県出身。12年、映画「Heart Beat」(12/浅沼直也)で高校生の微妙な心理を演じ注目を浴びる。テレビドラマ「世界の中心で愛を叫ぶ」(04/TBS)、「H2~君といた夏~」(05/日本テレビ)、大河ドラマ「風林火山」(07/NHK)、映画「GOTH」(08/高橋玄監督)、モントリオール世界映画祭ノミネート作「Noise」(17/松本優作監督)などに出演。自分自身で〈プロデュース=出演〉するスタイルを貫いている。18年、主宰した舞台「TOU -JUKAI-DEN-」が伊藤熹朔賞にノミネートされた。Allen suwaru所属。

黒宮ニイナ
  • 黒宮ニイナ
  • 黒宮ニイナ

    as 保育園の先生


    ミャンマー ヤンゴン出身
    ミャンマー出身タレントとして活動。現在2児の母として子育て奮闘中。

津田寛治
  • 津田寛治
  • 津田寛治

    as 店長


    1965年生まれ、福井県出身。93年の北野武監督作品『ソナチネ』でデビュー。同監督の『座頭市』(03)『TAKESHIS’』(05)『アウトレイジ最終章』(17)などに出演。その他の出演作は『鮫肌男と桃尻女』(99/監督:石井克人)、『模倣犯』(02/監督:森田芳光)、『トウキョウソナタ』(08/監督:黒沢清)、『恋の罪』(11/監督:園子温)、『シン・ゴジラ』(16/総監督:庵野秀明)、『ニワトリ★スター』(17/監督:かなた狼)など。

スタッフ